Amazonパントリーで注文してみた。メリットたくさんでオススメ

Amazonライフに続き、今回はAmazonパントリーで注文してみました。
Amazonがかなり押してるサービスで、クーポン・割引が多く便利なサービスでした。

ただ、送料計算にクセがある・・・

送料や注文手順の最新情報は、Amazon公式サイトから確認をお願いします。

Amazonパントリー おまとめボックスとは | よくある質問

スポンサーリンク

配達エリア

Amazonライフの配達エリアは東京・大阪が中心で、配達エリアが狭いです。
ですが、Amazonライフは日本全国どこでも配達が可能です。
※離島・日本国外・営業所止めは配送不可

というのも、AmazonパントリーはAmazonの倉庫で梱包し、ヤマト運輸・佐川急便・Amazon自社配達など、通常のAmazon配送ルートを使用します。普通のAmazonの注文と同じですね。

仕組み・注文ルール


アマゾンパントリーは、少額の日用品・食品・雑貨を、パントリー専用Boxにひとまとめにして発送されます。

パントリー専用Boxのサイズは52cm × 28cm × 36cm。
また、重量は12kgまで入ります。

Amazonとしては一箱にまとめることにより配送料・人員コスト削減になります。
そのため、自宅配送までしてくれるのにスーパーと同価格帯で商品が注文できるわけです。Win-Winですね。

AmazonパントリーのBox使用率Amazonパントリーの商品には、1商品あたりの箱の使用率が記載されています。
箱の使用率が100%になるまで、商品を一箱に入れることができます。

箱の使用率はカートページで確認ができます。

Amazonパントリー2箱目100%を超えると、自動的に2箱目が追加されます。

また、100%まで商品を必ず入れる必要はなく、商品1個でもパントリーで注文することができます。
一箱当たりの手数料が発生するので、少量の注文だとメリットが半減しますが・・・

手数料

Amazonパントリーの配送手数料
Amazonパントリーは1箱あたり390円の手数料が発生します。
これはAmazonプライム会員でも同額発生します。

また、日時指定便は200円かかりますが、これはAmazonプライム会員だと無料になります。

※配送料は変更される場合があるので、注文前に公式ページで確認をお願いします。
Amazonパントリーの配送について

Amazonパントリーのメリット・デメリット

メリット

メリットはやはり、自宅まで配送してくれることですね。重量のあるペットボトル飲料、大きくかさばるトイレットペーパなど、様々な商品を購入することができます。

そしてダンボール一箱で届くので、梱包材も最小限。ゴミ捨ての手間が減ります。

また、Amazonがかなり力を入れているようで、割引や各種キャンペーンを各種開催しています。

クーポン一覧ページ。かなり多いです。
Amazonパントリー | クーポン一覧

【おまとめ割引対象】対象商品を3点購入で150円OFF,6点購入で390円OFF,9点以上購入で500円OFF。
これは配送料が実質無料と考えていいのでは・・・
Amazonパントリー | おまとめ割引 対象商品

デメリット

デメリットはやはり配送料でしょう。
1箱あたり390円の取扱手数料が発生します。
Amazonプライム会員でも同額の手数料が発生してしまうのが残念です。

また、1箱390円なのですが、1箱に収まるように注文するのがちょっと難しい。
これは実際に注文してみるとわかるのですが・・・理由は注文編で・・・

実際に、注文してみました

Amazonパントリーの注文は、下記から注文できます。

Amazonパントリー トップページ

今回注文した商品

【トイレットペーパー】スコッティ 2倍巻き 100mシングル
パントリーBoxの使用率: 20%

【箱ティッシュ】ネピア ネピネピティシュ×5コパック
パントリーBoxの使用率: 12.5%

【洗濯洗剤】アタック ゼロ洗濯洗剤本体 400g
パントリーBoxの使用率: 3.5%

【レトルトご飯】サトウのごはん 秋田県産あきたこまち5食パック
■2個購入■ パントリーBoxの使用率: 8×2=16%

【スパゲッティ乾麺】ディ・チェコ No.11 スパゲッティーニ 500g
パントリーBoxの使用率: 4%

【お酒】キリン・ザ・ストロング 麒麟特製レモンサワー [ チューハイ 500ml ]
■3本購入■パントリーBoxの使用率: 4×3=12%

【お菓子】カルビー ピザポテト 63g
■2袋購入■パントリーBoxの使用率: 4×2=8%

【ゴミ袋】日本サニパック とって付きゴミ袋 45L 半透明 50枚組
パントリーBoxの使用率: 6.5%

合計box使用率は82.5%です。

ティッシュとトイレットペーパーは、店で買うと持ち帰るのが大変なんですよね。
また、お酒も購入しましたが、はたして年齢確認はどうやって…?

カートで使用率を確認。あれ?使用率が違う・・・

カートを開き、使用率を確認してみると・・・

60.5%。
いやおかしい、82.5%分の商品をカートに入れたはずなのに。

そう、これがデメリットでも書いた「1箱に収まるように注文するのが難しい」理由。

これ、正しい使用率は82.5%なんですが、カートの表示は少なめに表示されます。

カートの表示を信じて使用率99%にして注文しようとすると、実際の使用率は100%を超えていて・・・
手数料が2箱分の780円になります。
Amazonさん、これシステムがおかしいんで、早く修正してください・・・

カートからの注文手順は、普段のAmazonと同じ。

カートに欲しい商品を入れたら、普段のAmazonの注文と同じようにレジに進みます。

Amazonパントリーお届け先配送先住所を選択。

Amazonパントリー日時指定便通常配送か、日時指定便を選択。
※ここで、配送料が780円だと、2箱分になっています。1箱に収めたい場合は商品を減らしましょう。

Amazonパントリーの支払い方法選択支払い方法を選択。クレジットカードはもちろん、代引きも選択できます。

Amazonパントリーの年齢確認最後に、注文を確定します。
ここで、お酒を注文したので、ここで年齢確認のチェックボックスが表示されました。

普段Amazonを使っている方であれば、注文は簡単ですね。
Boxの使用率が参考にならないのだけ、注意・・・

Amazonパントリーが自宅に到着

日時指定をしたAmazonパントリーが、指定時間通り到着。
配送はヤマト運輸でした。おそらく地域によって配達業者は変わります。配送ルートは通常のAmazonの注文と同じですね。

ちなみに、通常のAmazonの注文と同じで、非対面受け取り・宅配ボックス・置き配が利用可能です。
ただ、箱が大きいので宅配ボックスには入らないかも・・・

パントリー専用Boxこれがパントリー専用Box。そこそこの大きさです。

Amazonパントリーの梱包材開いたスキマには梱包材が入っていました。Amazonおなじみの過剰包装ではないので、ゴミも少なめ。

Amazonパントリーの梱包キレイに整頓されて箱に商品が入っています。

Amazonパントリーが到着箱の容量に余裕を持って買い物をしましたが、結構はいってますね。
商品に潰れやヘコミもなく、すべての商品が問題なく到着しました。素晴らしい。

Amazonパントリーの試供品ちなみに、レッドブル エナジードリンクが試供品で入ってました。
試供品なのでもちろん無料です。

ということで、Amazonが今一番押しているAmazonパントリーの紹介でした。
クーポンも多く、重いもの・かさばる物もひとまとめにして配送してくれるので、おすすめです。

Amazonパントリーのお得なクーポンはコチラから!

コメント