【審査のコツ】三井住友ビジネスカードfor Ownersを作ってみた

副業でアフィリエイターをしている私が、三井住友のビジネスカード、三井住友ビジネスカードfor Ownersを作ってみました。
副業で発生した経費を別のクレジットカードにまとめることで、経費管理・確定申告が楽になる・・・といいな。

下記の紹介リンクから三井住友ビジネスカードfor Ownersを作ると
通常のキャンペーンに加えて2,000円分のVポイントが貰えます!

スポンサーリンク

申し込み対象は個人事業者。アフィリエイターの私は対象?

私の本業は雇われサラリーマン。自身で会社経営者しているわけでもないのですが、このブログ広告で収益を得ています。いわゆるアフィリエイターですね。
※レンタルサーバー代で消える程度の収益しか稼いでいません・・・完全に趣味。

今回紹介する三井住友ビジネスカードfor Ownersは、ビジネスカードと名前がついていますが、個人事業者でも作成が可能なカードです。

ブログ広告、オークション、フリマサイト・・・理由は何であれ収益を得ていれば、個人事業主。カード発行対象となります。
もちろん別に本業があってもOK。法人登記も不要です。
参考:Wikipedia – 個人事業主 #職業が個人事業主

個人事業者(副業)の場合のカード申込

個人事業者(副業)でのカード申し込みで注意する箇所を解説します。正しく入力しないとカード発行審査に影響が出ます。

申込みは、ぜひ以下から。追加で2,000円分のVポイントがゲットできますので・・・

 

職業・勤務先情報は本業と個人事業どちらを入力?

職業・勤務先情報は、個人事業の情報を入力しましょう。
ここに本業の会社の情報を入力すると、その会社のビジネスカードを作成することになってしまいます。
勝手に会社のビジネスカードを作ると、マズイですから・・・

勤務先情報を入力しても、会社に副業がバレることはありません。

法人登記をしていない副業(アフィリエイター)の場合の入力例は以下になります。
ご職業:自由業・自営業の方
勤務先名:その他を選択し、「自営」と入力
勤務先名フリガナ:「ジエイ」と入力
勤務先住所:自宅の情報を入力。
電話番号:個人携帯の番号を入力
資本金:その他
従業員:50名以下
その他職業:会社員・会社役員

年収は本業と副業を合わせた額

重要なのが年収欄。
年収は、本業を合わせた金額を入力しましょう。
副業だけの金額を入れると審査に通りづらくなります。

後は通常のクレジットカード発行と同じですね。

従業員用のパートナーカードはお好みで。
※満20歳以上の役職員のみ作成可能

後は審査完了・郵送待つだけ。

申込みが完了したら、クレジットカードが届くのを待つだけ。

三井住友ビジネスカードfor Ownersカードデザイン
三井住友といえば、パルテノン神殿のデザインですよね。風格ある良いデザインです。
満足。

下記の紹介リンクから三井住友ビジネスカードfor Ownersを作ると
通常のキャンペーンに加えて2,000円分のVポイントが貰えます!

コメント